【OTC医薬品の比較と使い分け】読書日記(第1章 解熱鎮痛薬)

OTC医薬品の比較と使い分け

内容一覧











第1章 解熱鎮痛薬

薬を使う目的

「解熱鎮痛薬は熱や痛みを和らげるだけで根本的な治療にはならない」

上記のように誤解されていることが多い解熱鎮痛薬の位置づけを明確に示してあった。

感想


  • 医療従事者の間では常識だが、一般の方は誤解している人も多い

  • 例えると、痛み止めを飲んで腰痛の原因が治ることはなく、あくまでも一時的に痛みを抑えてくれるだけということ











薬の選び方

自分で薬を買うときの、ポイントは「どんな状況で使う可能性があるか」を考えて選ぶことが重要とされている。



下記の項目内容くらいは意識して薬を選ぶと良いと思います。良く分からない方は失敗しないために薬剤師か登録販売者に相談!!


【使うのはどんな人?】
子供、大人、妊婦、授乳婦 等


【副作用は大丈夫?】
ピリンアレルギー、アスピリン喘息、眠気、胃が荒れる 等


【どんな症状?】
片頭痛、インフルエンザ、風邪 等








この本では解熱鎮痛成分であるアセトアミノフェン、非ピリン系NSAIDs、カフェイン、ピリン系NSAIDs、催眠鎮静薬について「効目の強さ」「副作用の強さ」「使用制限」が表でまとめられている。

感想


  • 薬剤師、登録販売者はよく知っている内容だが、こういった専門書の表を見ることで自分の知識に自信が持てるようになると感じた。

  • 知識に自信が付けば、上手くアウトプットできるように接客練習!











受診勧奨(重大な病気の見つけかた)

痛み止めを買いに来た人に対して「こんな症状があると、こんな病気の可能性がある」という例が19個紹介されている。

感想


  • 「重大な病気の症状」として参考になる情報。薬を案内する人はオープンクエッションを行い、こういった症状を聴き出す必要がある。

  • 一般の方は、普段と違う症状があれば「まずは病院」で相談した方が無難。いつもの症状であれば薬局でOK。

  • 下記のような症状があれば「まずは病院へ」
    • 人生ではじめて経験する痛み
    • 2週間以上続く痛み
    • 発熱、体重の増減など全身症状がある
    • 痺れがある
    • ピリピリ、チリチリするような痛み
    • 痛みの場所がハッキリしない
    • 冷や汗が出る
    • 時間が経つにつれて悪化する












主な解熱鎮痛薬(OTC商品)まとめ

25種類の解熱鎮痛薬(OTC)の特徴が一目で分かる一覧表が載っている。(バファリンルナJ、ロキソニンS、サリドンA、タイレノールA…等々)


ここでは成分だけでなく、第0章で書かれていた、妊婦・授乳婦への安全性評価基準や年齢制限も書かれており、とても分かりやすい。

感想


  • 薬局で確認できるとかなり便利な内容

  • 妊婦・授乳婦への安全性評価基準が商品の注意事項と異なる可能性がある。基本的に商品の注意事項を優先すれば良いと思うが、お客さんにどの程度のリスクがあるか伝えるためには参考になる。













主な解熱鎮痛薬(成分)まとめ

解熱鎮痛薬の商品ごとのまとめが終わると次に、主な解熱鎮痛成分の解説がある。成分ごとのまとめでは「長所、短所、使用制限、妊婦・授乳婦への安全性評価」が記載されている。

【解説されている主成分】
・アセトアミノフェン
・イブプロフェン
・ロキソプロフェン
・アスピリン
・エテンザミド
・イブプロフェンアンチピリン


【解説されているサポート成分】
・無水カフェイン
・アリルイソプロピルアセチル尿素
・メタケイ酸アルミン酸マグネシウム
・トラネキサム酸

感想


  • サポート成分に関して否定的な様子が見て取れる。確かに市販薬に入っているサポート成分をDrが使う事はあまりない

  • この本でも書かれていることだが、まずは主成分の量がしっかり入った商品を選ぶことが大切だと自分も感じる












Q&A

10件のQ&Aが書かれている。

【Q一覧】
Q1:痛み止めは、どれを選んでも効果は同じ?
Q2:痛み止めは飲む量を増やせばよく効くようになる?
Q3:解熱薬を飲んだら体温は平熱まで下がる?
Q4:片頭痛はOTCで治療できる?
Q5:インフルエンザのときは、どの解熱鎮痛薬を使ってもよい?
Q6:妊娠中は、痛み止めを使ってはいけない?
Q7:授乳中は、痛み止めを使ってはいけない?
Q8:催眠鎮静薬を配合した薬の方が、痛みによく効く?
Q9:ピリンアレルギーの人は「アスピリン」を使えない?
Q10:「アスピリン」を定期服用している人は、痛み止めを使えない?


感想


  • 薬剤師や登録販売者であれば既に知っている内容も多いかと思うが、改めて専門書で見ておくと知識に自信が付く。

  • 9割は知っている内容だが、1割は知識として曖昧だった部分。この曖昧だった部分が補填できたのは良かった。












まとめ

「特徴のあるOTC」と「処方薬の紹介」が記載されている。

感想


  • OTC薬のまとめは作者のおすすめ商品紹介っという感じ。

  • 処方薬の紹介は、Q&Aと同じように9割は知っている内容だが、1割は知識として曖昧だった部分でした。この辺りを少しずつ肉付けすることで今までの自分より少しは成長した感じがあった。












第1章 全体の感想


  • 25種類の解熱鎮痛薬(OTC)の特徴一覧表は便利

  • 薬剤師や登録販売者からすると9割程度は知っている内容かもしれないが、その知識の再確認ができたことと、残りの1割の部分を補填できたことは自分にとって確実にプラスになったと感じる。



レビュー

OTC医薬品の比較と使い分け

2019年12月発行

Q&A数:117

OTC数:400以上

商品写真:なし

9

総合評価

9

OTC量と質

8

Q&A内容

10

読みやすさ

タイトルとURLをコピーしました