【OTC医薬品の比較と使い分け】読書日記(第12章 保湿剤)

OTC医薬品の比較と使い分け

内容一覧











保湿剤

薬を使う理由

乾燥によって、ひび・あかぎれが起きたり、外部からの刺激に敏感になることを防ぐために保湿剤を使用する。

感想


  • この章は大切だが、内容量はあまり多くはない












受診勧奨(病院受診をおすすめ)

保湿剤を買いに来た方への受診勧奨例が1個紹介されている。

感想


  • アトピー性皮膚炎はしっかり治療しないと再燃・悪化するからDrと二人三脚で治しましょう!



こんな感じ!












主な保湿剤(OTC商品)まとめ

25種類の保湿剤の成分が一目で分かる一覧表が載っている。(ヘパソフトプラス、テレスHiクリームH、さいき治癒ローション、白色ワセリン、プロペトホーム、ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム、間宮アロエ軟膏a…等々)

感想


  • ヘパリン類似物質が配合された商品がかなり増えてきた。
    • エタノールの有無も書かれており参考になった。

  • 基本は保湿剤単独の商品がおすすめ
    • 余分な成分は無い方が良い
    • 余分な成分は刺激になる人もいる












主な有効成分の特徴(保湿剤)

主な有効成分の解説では「長所、短所、妊娠・授乳中の安全性評価」が記載されている。

感想


【保湿成分は3つ】

  • ヘパリン類似物質
    • 保湿効果(高)、値段(高)

  • ワセリン
    • 保湿効果(中)、値段(安)

  • 尿素
    • 皮膚の厚い場所に




よく言われる使い分け!












Q&A

5件のQ&Aが書かれている。

Q&A
Q1:「保湿剤」はどれを選んでも同じ?
Q2:「保湿剤」はお風呂上りにすぐ塗るべき?
Q3:「保湿剤」は、薄くのばして使うのがよい?
Q4:いろいろな成分の入った「保湿剤の方が、乾燥を防げる?
Q5:痒みなどの自覚症状がなければ、保湿はしなくてよい?


感想


  • 保湿剤は「たっぷり」使った方が良いとは知っていたが、思ったよりも量が必要だった。
    • 目安量の表があり参考になった。












まとめ

「特徴のあるOTC」と「処方薬の紹介」が記載されている。

感想


  • OTC薬のまとめは作者のおすすめ商品紹介












第12章 全体の感想


【自分で買うなら】

  1. 白色ワセリン(コスパ最高、たっぷり塗れる)
  2. ヘパリン類似物質クリームのアルコールフリー商品(効果が高い)





保湿剤はたっぷり使おう!



レビュー

OTC医薬品の比較と使い分け

2019年12月発行

Q&A数:117

OTC数:400以上

商品写真:なし

9

総合評価

9

OTC量と質

8

Q&A内容

10

読みやすさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました