【OTC医薬品の比較と使い分け】読書日記(第17章 睡眠改善薬)

OTC医薬品の比較と使い分け

内容一覧











睡眠改善薬

薬を使う目的

市販の薬はあくまでも一過性の不眠に使うもの。慢性的に寝付けない場合は病院へ。

感想


  • 市販の「睡眠改善薬」はどれを買っても同じ薬が同じだけ入っている

  • 成分がジフェンヒラミンしかないため、内容はあまり多くない












受診勧奨(病院受診をおすすめ)

睡眠改善薬を買いに来た方への受診勧奨例が6個紹介されている。

感想


  • 慢性的な不眠症と、不眠の原因になっている病気の症状が紹介されている

  • 「豆知識」に良い情報がある
    • ジフェンヒドラミンの耐性について
    • 年齢毎の必要な睡眠時間
    • 睡眠のメカニズム


行動計画


  • OTC販売時にジフェンヒドラミンは耐性ができるため、4日以上の連続使用は効果がなくなる可能性があることを伝える。












主な睡眠改善薬OTC商品)まとめ

4種類の睡眠改善薬の製剤特徴の一覧表が載っている。(ドリエル、ドリエルEX、ネオディ、アンミナイト)

感想


  • 「ドリエルEX」は効果がUPしているような名前だが、普通の「ドリエル」と中身は一緒あらかじめ知っていないと接客時に「アレ?😅」ってなる












主な有効成分の特徴(睡眠改善薬)

主な有効成分の解説では「長所、短所、妊娠・授乳中の安全性評価」が記載されている。

感想


  • 西洋薬は「ジフェンヒドラミン」1種類

  • 漢方薬として「抑肝散」「柴胡加竜骨牡蠣湯」が紹介されている
    • 漢方は補助程度












Q&A

2件のQ&Aが書かれている。

Q&A
Q1:慢性的な不眠にも「睡眠改善薬」は使える?
Q2:不眠の症状は、薬を使わずに改善できる?


感想


  • 「睡眠習慣・環境の改善」は接客時・投薬時に参考になる


行動計画


  • 紹介されている「睡眠習慣・環境の改善」を配布できるように準備する












まとめ

「処方薬の紹介」が記載されている。

感想


  • 「睡眠改善薬」は商品に差がないためか、OTCの紹介がない

  • 睡眠薬の一部と「むずむず脚症候群」の薬が紹介されている












第17章 全体の感想


【自分が不眠を感じたら】

  1. 薬以外の「睡眠習慣・環境」の改善をためす
  2. 神経内科を受診する



【自分がOTCの使用を検討する場合】

  • ケンカして興奮して寝れない
  • 旅行前で興奮して寝れない
  • 面接・プレゼンで緊張して寝れない
  • 原因不明だがごく稀に寝れない



レビュー

OTC医薬品の比較と使い分け

2019年12月発行

Q&A数:117

OTC数:400以上

商品写真:なし

9

総合評価

9

OTC量と質

8

Q&A内容

10

読みやすさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました