【OTC医薬品の比較と使い分け】読書日記(第7章 便秘薬)

OTC医薬品の比較と使い分け

内容一覧











便秘薬

薬を使う目的

便が硬くて排便が困難、便の回数が少ないような時に使用する。回数に関しては2日程度は便通が無くても不快感がなければ薬は不要とされている。

感想


  • 具体的に便通がどの程度なければ深刻なのかが分かった。












受診勧奨(病院受診をおすすめ)

胃薬を買いに来た方への受診勧奨例が5個紹介されている。

感想


  • 便秘以外に、発熱、吐き気、腹痛、血便など何か他の症状もセットで出ている場合は病院へ受診した方が無難

  • 癖になるため、刺激性便秘薬はおすすめしない。なんで市販で売っているのか理解できない。












主な胃薬(OTC商品)まとめ

25種類の便秘薬の特徴が一目で分かる一覧表が載っている。(酸化マグネシウムE便秘薬、錠剤ミルマグLX、コーラック、カイベール、新ウィズワン、タケダ漢方便秘薬、新ビオフェルミンS錠、新レシカルボン坐剤S、イチジク浣腸…等々)

感想


  • 商品・成分一覧表は便利
    • どの商品にどの成分が入っているか一目瞭然
    • 妊娠授乳の安全性評価も記載あり












主な有効成分の特徴(胃薬)

主な有効成分の解説では「長所、短所、使用制限、妊婦・授乳婦への安全性評価」が記載されている。

感想


  • 刺激性、浸透圧性、坐薬、浣腸、整腸剤など色々記載されているが、自分が使うなら「酸化マグネシウム」一択。

  • 酸化マグネシウム+1日水分1.5L~2L飲む+食物繊維や発酵食品を摂る!

  • 漢方便秘薬なら癖にならないと思っている人もいそうだけど、漢方便秘薬に基本入っている「ダイオウ」「センナ」は刺激性です。












Q&A

3件のQ&Aが書かれている。

Q&A
Q1:胃薬は、どれを選んでも効果は大して変わらない?
Q2:お腹が痛いときは、痛み止めを使うのがよい?
Q3:薬を飲んでいたら胃が荒れる?


感想


  • やっぱり酸化マグネシウム以外の便秘薬はおすすめしない!












まとめ

「特徴のあるOTC」と「処方薬の紹介」が記載されている。

感想


  • OTC薬のまとめは作者のおすすめ商品紹介という感じ。

  • 特徴のあるOTCは4つ紹介されており、刺激性下剤も2つ入っている。

  • 処方薬は市販にない「上皮機能変容薬」も紹介されている。
    • アミティーザ、リンゼス、グーフィス
    • Drは市販に出回っている刺激性下剤はあまり使わない。使ってもセンノシドの頓服。
    • 毎日使用するような人には「上皮機能変容薬」を使うことが多い気がする。












第7章 全体の感想


  • 自分が便秘になったらどうするか
    1. 1日1.5Lの水を摂る
    2. 食物繊維を意識的に摂る
    3. 発酵食品を摂る
    4. 酸化マグネシウムを使う
    5. 消化器内科を受診する


こんな感じ!



レビュー

OTC医薬品の比較と使い分け

2019年12月発行

Q&A数:117

OTC数:400以上

商品写真:なし

9

総合評価

9

OTC量と質

8

Q&A内容

10

読みやすさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました