【OTC医薬品の比較と使い分け】読書日記(第8章 下痢止め薬)

OTC医薬品の比較と使い分け

内容一覧











下痢止め薬

薬を使う目的

下痢は有害物質を身体の外へ出そうとする防御反応だが、ストレスや食べ過ぎ・飲みすぎ冷えなどによっても起こるとされている。

感想


  • 日常的には「下痢止め」は使用せずに、整腸剤で対応するのが良い。

  • 「下痢止め」を使うときは外出、テスト、会議などトイレに行けない場合。

  • 下痢をすると体から水分が出てしまい、脱水症状になりやすい。経口補水液で水分補給!




下痢止めに関しては他に言うことが無いような…😅












受診勧奨(病院受診をおすすめ)

下痢止め薬を買いに来た方への受診勧奨例が10個紹介されている。

感想


  • 受診勧奨のないようも特別変わったものはない。見直しておいても良いかなという内容

  • 病院に行くべき症状
    • 便の色がおかしい
    • 振動で痛みが強まる
    • 熱がある
    • 下痢・便秘を繰り返す
    • 薬使っても下痢が改善しない




大体こんな感じ!












主な下痢止め薬(OTC商品)まとめ

21種類の便秘薬の特徴が一目で分かる一覧表が載っている。(ストッパ下痢止めEX、ビオフェルミン下痢止め、ロペラマックサット、トメダインコーワフィルム、ワカ末錠、正露丸、新ビオフェルミンS錠…等々)

感想


  • 商品・成分一覧表は便利
    • どの商品にどの成分が入っているか一目瞭然
    • 妊娠授乳の安全性評価も記載あり












主な有効成分の特徴(下痢止め薬)

主な有効成分の解説では「長所、短所、使用制限、妊婦・授乳婦への安全性評価」が記載されている。

感想


  • 恥ずかしながら、下痢止め成分に関しては知識が浅かった。

  • 勉強になった内容
    • ビスマス、ベルベリン、木クレオソートなどざっくりと「下痢止め成分だよね」くらいしか知らなかった成分の特徴が学べた。

  • タンニン酸アルブミン(タンナルビン)は注意!
    • 処方薬としても使われる下痢止め
    • 鉄剤や牛乳アレルギーに禁忌

  • 木クレオソート(正露丸)は意外と優秀!?
    • 処方薬としても使われる「ロペラミド」と同等の効果だと報告あり。
    • 腸管の運動を抑制しないため感染症の下痢にも使いやすい。












Q&A

3件のQ&Aが書かれている。

Q&A
Q1:どんな下痢でも、「下痢止め」を使ってよい?
Q2:抗生物質(抗菌薬)で下痢をしている場合、薬を中断させるべき?
Q3:妊娠・授乳中でも使える「下痢止め」はある?


感想


  • Q自体はよく聞かれることだが、Aに記載のある内容が自分には勉強になることが割とあった。

  • 勉強になった内容
    • 整腸薬が気休めではなさそう
    • 酪酸菌(整腸剤)の特徴












まとめ

「特徴のあるOTC」と「処方薬の紹介」が記載されている。

感想


  • OTC薬のまとめは作者のおすすめ商品紹介って感じ
    • 自分がロペラミド意外の成分を不勉強だったこともあり、下痢止めの商品紹介は、今までの章よりも参考になった。

  • 処方薬は下痢と便秘を繰り返す「過敏性腸症候群」の薬があるのが特徴
    • 市販にも「セレキノンS」という商品があるが、買うのが手間(普通のドラッグストアじゃ売ってないんじゃないかな)












第8章 全体の感想


  • 自分が下痢したらどうするか
    1. 心当たりを考える(暴飲暴食、海外、心当たりなし)

    2. 暴飲暴食:外出時のお守りとしてトメダインコーワフィルム

    3. 海外:お守りとして正露丸クイックC

    4. 心当たりなし:ザ・ガードコーワ整腸錠α3


脱水にならないために、どんなケースでも経口補水液を使った水分補給は効果的!



レビュー

OTC医薬品の比較と使い分け

2019年12月発行

Q&A数:117

OTC数:400以上

商品写真:なし

9

総合評価

9

OTC量と質

8

Q&A内容

10

読みやすさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました